夏のメイク崩れ、もしかしたら洗顔方法が…

未分類

夏の肌は皮脂や汗に覆われ、潤っているように見えますが、内側は水分不足であることが多いです。なのに、洗顔力の強い洗顔料で力任せに洗ったらどうなるで しょう。バリア機能を担I?う角質が剥がれ、乾燥や光老化などのトラブルの引き金になります。だからといって洗顔を疎かにすると、毛穴詰まりにつながりま す。

「洗浄」と「洗顔」は全く別物です。肌に必要な潤いは残し、不要な老廃物だけ落とすことが本当の「洗顔」です。

20150424_713458

エンビロンのクレンジングアイテムはそれぞれ違った役割があります。メイクなどの油汚れはクレンジング、普通の洗顔では落としきれない皮膚に残る酸化した 汚れは角質ケアローション、毛穴の角栓はクレイのパックというように対応する汚れが異なるのです。「1本でどんな汚れも落とす」と謳っている洗顔料もあり ますが、汚れの質が違うのだから、落とすアイテムが違うのは当たり前というのがエンビロンの考え方です。

正しい洗顔を続けると、肌の水分と油分のバランスが整います。すると、過剰な皮脂分泌がなくなるので、メイク崩れがしにくくなります。この夏を美しい肌で過ごすためにも、夏のダメージを後に引きずらないためにも、エンビロンケアを使って洗顔しましょう。